木の家を学ぶ @富山・岐阜 〜研修旅行〜

2008年11月23日(日)
2日目 富山〜岐阜

 宇奈月温泉を出発し、富山県八尾へ

八尾の有限責任中間法人 八匠(はっしょう)さんが手掛けた団地を見学させていただきました。

八尾らしい街並みをつくるには、時間も掛かり、ご苦労もあったようです
当たり前のように、真壁の家が立ち並んでいる風景に、感動しました

やはり真壁の家は、カッコいい!
八尾の家を作る職人方の腕の確かさも、研修旅行に参加した各職人さんが口々に認めていました。実際に生活している街並みなので、内部を見学する事は出来ませんでしたが、可能な限り近くで見させてもらう事ができました

その後、八尾の中心部を案内してもらいました
昔ながらの、9尺間口の家が、石畳の道を挟んで立ち並びます


たまたま挨拶を交わしたご主人が、快く建物の中をみせてくれました
(写真の一番左がご主人)

中は “ロフト付きワンルーム” 土間が広く、奥の板間には、遊び心のある床の間付きで、
想像していたよりも明るく、素敵な空間でした
(ここは地域の方の、憩いの場になっているそうです)


小口が白く塗ってあるのが見えますか?
松が見事にねじれています しかも他の梁も見事に全て同じ方向に、同じ位の角度で
見事な適材適所ですね


地域の子供達と一緒に 
〜八尾は、おわら風の盆 が有名な町で、栃木とも縁があります〜

午後は岐阜 白川郷へ

雪は残っていたものの、雨降りの白川郷になってしまいましたが、
かわいらしい雪だるまが出迎えてくれました


甘さ控えめのみたらし団子で、何本でもいけちゃいます♪

立体交差の高速道路を通り、飛騨高山へ
今夜も賑やかな夜が更けてゆきました

by 前香

category: 日々のこと

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です