夏の風物詩

先日、益子の自然育児の会・おむすびの里が、展示場に遊びに来てくれました。

去年に引き続き、2回目となる、「日曜日の流しそうめん」の回でした。

20組大人27人子供28人

これだけの人数が集まってしまって、どうなるかと思いましたが、(笑)

それぞれが気ままに、でも、お約束はちゃんと守って、この空間を楽しんでいってくれた様です。

 

こちらの会では、集まる際に、お菓子・オモチャは持ってきません。おかずは、食品アレルギーを持つ子の為に、アレルゲン抜きのおかずを皆が持ち寄ります。

 

子供達同市、気づけば仲良く遊んだり、ケンカしたり。

大人も、交代で見守りつつ、自由に過ごします。

私も息子と一緒に、楽しませてもらいました。

DSC_7288

そんなこの日のエピソード。

間違って障子を破いてしまった4歳の男の子。

お母さんと一緒に、「ごめんなさい」と言いに来てくれました。私はその事がとても嬉しかったです。

 

聞けば、寄りかかった際に破けてしまったそうで、その子のお家に障子は無いのですが、

先に「気を付けて」と言われるより、その子はずっと良い経験をしましたよね?

DSC_7286

木陰と、そよ風と、子供たちの声が心地よい1日でした。

category: 日々のこと

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です