A邸・進捗状況

いよいよ現場工事も始まろうとしているA邸

今日は、施主さまの希望で、大工さんの作業場見学に行きました

桁材は、1本で60㎏以上あって、
大工さんはそれを一人で持って加工している事や
図板を書いた段階で頭の中には3Dが出来上がっているので、
どこからでも問題なく墨付けが出来る事

同じ山から伐り出したスギでも、斜面や土壌のせいなど、様々な条件が重なって
色や乾燥状態などの違いがある事

久々にまじまじと見てみると、新鮮で面白いですね
施主さまにとってはさらに興味深い体験だったと思います

どうしてもキュートなサメの顔に見えてしまう、加工方法を記す墨

2階の「り」通りの切り落としを、お土産に
図板を見て確認しながら、嬉しそうにお持ち帰りされました

きっと最後は薪としてお役に立てますね♪

現場は2月に建て方予定です

by 前香

category: 素材

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です