植林体験!

2011年4月16日
栃木県でも、最高気温が28度などと云われ、とても暑い日でした

岩舟町の学校跡地への植林に、80人以上の参加者が集まりました。
スポレク「エコとちぎ2011」のマスコット「とちまるくん」もやってきました。

開会式にて、下野新聞社さんより、
「新聞を届ける事のほかに、企業として何が出来るのか、と地域貢献を考えた時に、『とちぎ森つくり通信』という企画がうまれ、今回その集大成として、県と、岩舟町の協力を得て、植林活動を行うことになりました。」と、挨拶がありました。

栃木県では『とちぎの元気な森づくり県民税』という森林税があります。

持続可能な林業(森づくり)を目指して、『山主から住み手まで、それぞれが笑顔になれる家』が、この県民税によって生まれたら嬉しいですよね。
けんちくや前長も、『とちぎ森つくり通信』に協賛させて頂いていたので、スタッフ4人で、初めての植林体験です。最初に協賛各社を代表して、本職は造園屋さんだったという、岩舟町長の指導のもと、記念樹を植えました。

土地が固くて、穴を掘るのが結構大変!

長靴が似合うカントク。

これから下草刈りなど、継続的にこの林に関わって、数年後にまたココでお花見が出来たら、
喜びもひとしおなのでしょう。

近くのおばさん方が、夏になったら、散歩がてら草むしりに来てくれると言っていました。以前ここに建っていた学校の卒業生だそうです。

by前香
・・・・・

category: 日々のこと

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です