『敷き床』出来ました。

マンション暮らしのあなたに。無垢の『敷き床』でさらりと快適生活始めませんか?

始まりは、私達の引越でした。
1カ月程前、市内の築25年のマンションに引っ越しました。
貸家を探していましたが、なかなか条件にあう物件に出会えず、
住宅地の中で、生活感があり、日当たりも風通りも良く、間取りとお値段も希望通り。のRCマンションへ。

入居1日目に、まさかの事実に遭遇!
床が、床が、、、固い!!!
コンクリートベースにフローリング柄のクッションフロア(?)が張ってあるようでした。
引越の作業をしているうちに、かかとや膝裏が痛くなってきて、なんだかこれはマズイぞ。。。
と。


現状復帰の為、「カーペット固定用テープ」を使って根太を敷き、ビスで床を固定し、オイルフィニッシュで仕上げます。


壁際には多少の隙間が。
床下で空気が動くし、電気配線なんかも壁際を通せるから、と、良い事にする。
今後商品化する事になったら、壁との取り合いを少し考えます。


厚みが30mm程必要なので、出入り口が扉の場合は施工が難しい。
引き違いの場合は、敷居の部分を避けて敷くので、掃除が多少しにくくなる程度でしょうか。

今回は引き違い戸を外して使うので、敷居をまたいで床を張った。

これで、部屋も気持ちも明るくなりました。
住環境はとても大切です。
お気軽にお問い合わせください。

by前香
・・・・・

category: 日々のこと

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です