触れたら切れるくらいの……

2013.7.19

皆さん、こんばんは。

タイトルが危険な印象ですが……。

それでは、昨日の続き、
「金輪継ぎ」のことについて。。。

さしがねとの「隙間」が見えていたと思います。(→まずはコチラを。)

木は割れたり、反ったりします。

なので、あの隙間は組み上げに支障のないように、
1mm〜2mm程度深く削っておくのです。

刻み〜建て方までが2ケ月程度、時間があくので、この加工が必要なのです。

組んだ状態。
真ん中のほぞ穴は柱のホゾの加工です。

(足が映りこんじゃいましたね。笑)

『触れたら切れるようなモノづくりをしろ!』

稲盛和夫さんの言葉です。

それほどに研ぎ澄まされた、完成度の高いモノづくりを目指せ!ということだと思います。

魂のこもったそのモノは、解説などなくとも一目で人に強烈な印象を与えることでしょう。

まだまだその域には届かないですが、目標はその言葉の通りです。

一日一日を大切に、目の前の住まい手を想い

明日からも頑張ります!
いつも応援ありがとうございます!

前昌

category: 大工のい・ろ・は

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です