実習生の挑戦

先月から来ているものつくり大の実習生。

砥石の台を作って刃物研ぎの次は、

 

「実際に使ってみて。わかるから。」

 

という私からの

わけのわからない指導に混乱しつつも、

研いだノミとカンナを使い

希望していたベンチを製作することに。

今月26~28日で行われる

ユネスコ無形文化遺産にも登録された地元烏山の「山あげ祭」で、

本人も参加するそのお囃子で使うのだそう。

 

図面は書いてきたので、

墨付けしてあげると、全て一人で刻みをやり遂げました。

 

「木組みでやるのは初めて」

 

と言ってましたが、思いのほか良くできたと思います。

 

課題もありますが、道具使って手の感覚から

体に染み込ませることしか道はないのです。

 

染み込ませる。

 

短期間ではありますが、

どっぷりと

「大工」に浸かってほしいなと思いました。

 

 

前昌

 

 

category: 大工のい・ろ・は

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です