KENCHIKUYA MAECHOU
Blog

「せーの、オイサッ!」

表題のかけ声が今にも聞こえてきそうな、先週末の山あげ祭での一枚。

 

自分で削り出した棍棒握り締め、

奉仕人として舞台係で参加してきました。

 

↑地車(じぐるま)に舞台道具を満載して町内を講演場所まで移動します。

地車には舵が付いてありません。

なので棍棒と縄引きでもって「力技」で方向転換、

上に乗っている主任(リーダー)の拍子木が合図です。

今年の山あげ祭の動画があるので張っておきます。→コチラ

↑舞台係の皆さんと。

色が白く見える部分、今回この地車と舞台の新調を前長が承りました。

 

お祭り3日目。

真っ黒です。(笑)

 

微力ではございますが、

奉仕人として地元に貢献出来て嬉しく思います。

 

一つの目的の為に

生まれも育ちも

職業も年齢も違う仲間で力を合わせる…。

 

非日常な3日間はとても楽しい週末でした。

 

皆さん!お疲れ様でした!

また6年後の鍛冶町当番で!

 

 

前昌

Next Post

Previous Post

Leave a Reply

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

information
  • 現代民家 素足の家って?

    現代の暮らしにマッチする自然素材を使った循環型の住まいを造っています。

  • 商品紹介

    美しい無垢の県産材と自然素材を組み合わせた企画商品をご紹介します。

  • 常設展示場のご案内

    築19年の常設展示場をご用意。ぜひ時を刻んだ木組みの家をご体感ください。

© 2020 栃木で本物の木の家をつくる工務店|けんちくや前長