一週間経って

台風19号の襲撃から一週間が過ぎ、

水が出なかった実家にも通水されたとLINEがきて、

那須烏山市も少しずつ日常を取り戻しつつあるように思います。

あらためて自然の猛威というか、

その凄まじさを感じ、また

グレタさんの訴える気候変動の影響が、

徐々に表面化してきたのでは…

と案じているところです。

毎年、「今まで経験したことのないような規模」が更新されていくのではないかと。

 

 

この度被災された皆様に、心よりお見舞い申し上げます。

 

茂木の現場。

13日(日)の朝、心配で見に行った時の一枚。

ホッとして烏山に向かうが、道路冠水であちこち通行止め。対向車の泥汚れが凄まじかった。

他の現場も担当者から「異常なし」の連絡あり。

 

いろいろ思うのは

災害に強い、「抵抗する家」があるかどうかわかりませんが、

災害を受けにくい「土地」は存在する

ということ。

 

よく聞く

「昔っからこの辺は」

も段々と様変わりして状況も違うと思いますが、

口伝って

確かに!って思えることも多々ありませんか?

 

ネットには載っていない土地探しの情報は、

アナログ検索がいいかもしれませんね!

 

 

前昌

 

 

category: 日々のこと

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です