KENCHIKUYA MAECHOU
Blog

窓をデザインする

寒い寒いと口づさんでいた昨日、

下岡本の家にサッシが運ばれてきました。

 

前長ではお初、

APW330。

 

さらに外部「木目」仕様です。

 

 

この現場は住宅地ということもあり

南と東からの冬の陽当たりが不利なので、

なるべく日射が家の奥まで入るようにと、

リビングダイニングに

大きな開口を入れました。

 

 

幅2730mm×高さ2200mm。

 

……。

 

写真じゃ伝わりにくいかもしれませんが、

デカイです…。

 

2階平屋ってこともあり、

階高がいつもより高めで

さらに

一小屋(屋根が上がっている)高いので、

効果を期待したいところです。

 

「夏はどうすんだ!」と言われそうですが、

逆にいらないギラギラ日射を

910mmの軒と

軒先に簾でも下げて遮ってもらえれば

いいかなって思っています。

 

それに

ウッドデッキを床と平らに作れば

視覚的に広さも感じますし。

 

ただ、

開閉がスゴく重いです。(涙)

それが難点かなと。

メーカーには更なる技術向上を期待します。

 

 

玄関ドアも嫁いで来ました。(笑)

 

今日、玄関前の庇を作るので、

それと合わせて書こうと思います。

では。

 

 

前昌

Next Post

Previous Post

Leave a Reply

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

information
  • 完成見学会開催

    2020年4月11・12日(土・日)
  • 現代民家 素足の家って?

    現代の暮らしにマッチする自然素材を使った循環型の住まいを造っています。

  • 商品紹介

    美しい無垢の県産材と自然素材を組み合わせた企画商品をご紹介します。

  • 常設展示場のご案内

    築19年の常設展示場をご用意。ぜひ時を刻んだ木組みの家をご体感ください。

© 2020 栃木で本物の木の家をつくる工務店|けんちくや前長