木の家でくらすBlog

建て方に向けて刻み進行中

日々蒸し暑さが増し、間もなく梅雨入りを感じさせる天気になってきましたが皆さまいかがお過ごしですか?

本日は7月の建て方に向けて、K棟梁が刻みをしている作業場へ行ってきましたのでその様子を少し・・

今では木造住宅の大半は機械によるプレカットになっているようですが、前長では今でも棟梁が墨付けをし、手刻みを行っております。

私も木造住宅の設計、現場に携わってから早30数年、幸せなことにずっーと手刻みを見てきました!

いつも思いますが職人の手(人の手)ってすごいですよね。

特に無垢材の刻みは、その木のくせを見ながらの繊細な作業になっています。

刻んだ柱、梁、桁などが組みあがる建て方はダイナミックかつ繊細な作業が見ることできるエンターテイメントと思っております (笑)

興味のある方はどこかで建て方作業を見る機会がありましたら、是非、足を止めてご覧ください。

by miya

category: 現場の様子

いよいよ自邸シリーズ (2) 土地の巻

前回の「いよいよ自邸」から、2週間経ちました。

6月になりましたが、

現場は草が伸びただけです(笑)

 

また草刈りに来なければなりません。

 

さて、

なかなか建ちそうもないので、今日は私の土地探しのことを少し。

 

よく見学会で土地なしのお客様からお聞きする、

「希望通りの場所が見つからない」。

ええ、私もそうでした。

 

家を建てるために土地を探すぞ!と始まった当初は

「山に住みたい」

なんて、こんな所にポツンと一軒家的な夢の構想を描いていたのですが、

家族のことも考え、子育てを考え、もっと現実的な暮らしを選択しました。

でも、憧れとしていつか実現させたいですね、オフグリッドの家で。

 

山暮らし熱が冷めてからはネットで検索してみたり、

その地域にあかるい不動産屋さんや大手不動産会社など、

詳細を伝え、何社かに土地探しをお願いしたりと、

一般的に考えられるアクションはしました。

また、気になる土地情報を掴めばすぐに見に行ったりもしました。

 

見つかる方はこの段階で見つかるのでしょうが、

 

「土地探しはご縁」

 

幾度となく空振りを繰り返し、

そんな名言で自分を慰めるのにも疲れてきます。

 

~つづく~

 

前昌

 

 

category: 大工社長の自邸ができるまで

塩谷の家 キッチン搬入

前長家具工房で制作したキッチンが出来上がったので、

取付けに行ってきました。

空模様が微妙でしたが、天気予報通りの曇り空。

搬入作業も順調に進み、バッチリ納まりました。

 

キッチン正面から。

流し回りはいつものタイルではなく、ステンレス張りとなっています。

後日、水栓、食洗器、引出し、レンジフード、ガスコンロを設置。

 

キッチンの間仕切壁は家具で制作して、収納一体型となっています。

 

こちらは親世帯のキッチン。

 

来週からはタイル工事の予定。

足場も外れ、外は設備屋さんの出番です。

 

 

前昌

category: 現場の様子

ないものはつくる

10年くらい前に建てたお施主さんから、

スロープや手摺をつけたいとのご相談を頂いて、工事に伺いました。

竣工当時、20代後半で棟梁として現場に携わっていたので、今回も

「私が行きます」

とご返事させて頂きました。

 

時間の経過に伴って、暮らしの変化に対応すべく、

住まいも手を入れていく。

既製品は便利で簡単だけど、「ないものはつくる」気持ちを忘れずに。

 

だから、こうして

「いつも頼りにされる工務店」としてお話を頂くのは、

とてもありがたいことだと思います。

 

これからもよろしくお願いします。

 

前昌

 

 

category: 日々のこと

suumo 注文住宅 掲載のご案内

先日発売になった「suumo  注文住宅 夏号」に

前長の「現代民家」が掲載されています。

 

#そもそも注文住宅に正解ってあるの?

 

と突っ込む方に届けたい一冊だそうです。

そんな私もこの週末読んでみようと思います。

 

気になった皆さんもぜひ!

 

よろしくお願いします。

 

前昌

 

category: お知らせ

木組の家 始まりました

爽やかな新緑の季節、いかがお過ごしですか?

さくら市に「木の家」が始まりました。

7月の建て方に向けて現在基礎工事中!

今週末は真夏のような暑さ、熱中症に気を付けて作業よろしくお願いします。

by miya

 

 

category: 未分類

雨の日の作業場

昨日は久しぶりにまとまった雨でしたね。

カラッカラの畑の土にはいいお湿りになったかと。

 

作業場にはケヤキの大黒柱が2本入ってきています。

どちらも240mm角。

こちらはお施主さんからの支給品です。

「一年一寸の乾燥」といわれるくらい手間暇かかっていますし、

そんなわけで乾燥材ですから濡らさないように倉庫の中で、

更にブルーシートで養生されて出番を待っています。

(色の濃い所が濡れている様に見えますが、これは割れ止めのボンドです)

 

現在、棟梁張り切って墨付け刻み中。

 

この夏、上棟予定です。

 

前昌

 

category: 現場の様子

ナカマルシェに行ってきました

日曜日、家族を連れて「ナカマルシェ」に行ってきました。

「旅するマルシェ」ということで、毎回会場が変わるこのマルシェ、今回は「日本で最も美しい村」那珂川町小砂にある、いわむらかずおさんの絵本の丘美術館。

ロゴも先生の「14ひき」シリーズから。

 

木工作家ヒロクラフトさんに次男のお皿をお願いしてあったので、受け取りしてきました。家族のお皿、それぞれ材種を変えて作ってもらっていて、次男はいちょう。

手にしている木のおもちゃもヒロさんのもの。塗装にも気を使ってくれているので、口に入れても安心です。

つくり手との顔の見える関係が価値だと思うし、大切にしたいですよね。

天気も良くて気持ちいい一日でした。

充電完了です。

 

前昌

category: 日々のこと, 未分類

いよいよ自宅を建てます (1)

皆さん、こんにちは。

令和元年5月、

ようやくというか、土地が決まりまして、私も自宅を建てる準備が整いました。

「アパート暮らしなんです」と皆さんに話すと毎度驚かれてましたが、大工でも工務店社長でも、そんなに簡単に家は建たないんです。皆さん同様、土地探しには苦労しました。

結婚から5年、、、早いものです。

そんな私の「自宅ができるまで」をブログに少しずつ書いていこうと思っています。

大工の主観だったりかなり偏った(笑)内容になるかもしれませんが、何か一つでも皆さんの家づくりの参考になれば嬉しいです、宜しくお願いします。

 

前昌

category: 大工社長の自邸ができるまで