木の家でくらすBlog

壁パネルについて、日刊木材新聞さんが記事にしてくださいました。

国土交通大臣認定を取得した、オリジナル壁パネル(MLW・MBW)について、

日刊木材新聞さんが記事にしてくださいました。

2016年2月25日の日刊木材新聞(8)面です

20160225162957_00001

以下、記事を書きだしました。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

県産杉の真壁工法で壁倍率認定

栃木県林業センターは、けんちくや前長(那須烏山市、前澤昌弘社長)と共同で県産材を使った真壁工法の耐力壁を開発し、告示仕様に比べ3~5倍高い壁倍率で国土交通大臣認定を取得したと発表した。木材のめり込み性能をうまく生かすことで、伝統構法の粘り強さを残しながら大壁工法並みの初期剛性を引き出すことに成功した。けんちくや前長では、これまで地域工務店を選択肢としなかった、性能を重視する消費者にも訴求できると期待している。

板壁、格子壁で告示仕様の3~5倍

大臣認定を取得したのは、県産杉を使った板壁、格子壁の2種類で、壁倍率は板壁仕様で2.5、格子壁で同3.0.

告示の落とし込み板壁は0.6、面格子壁は0.6~1.0(格子幅や規格による)だが、板壁は告示の4倍以上で、構造用合板やPB、OSBの面材張り大壁と同等、格子壁は告示の3~5倍で、たすき掛け筋違と同等の評価を受けた。

いずれも工場生産が可能なパネル仕様で現場施工が容易なうえ、現しでも利用できる意匠性の高さが特徴。

板壁は本実加工した杉の横板(27×135㎜働き)をつなぎ合わせ、桧の縦桟(12×47㎜)2本を留め付けてパネルを作る。一方、格子壁は3枚の縦貫(30×120㎜)に欠き加工を施して片側7枚、両面14枚の横貫(27×120㎜)を挟み込んでパネルを作る。

木材のめり込み性能(エネルギー吸収)を生かす真壁工法は変形能力に富み、倒壊しにくい特性があるが、大壁工法に比べ初期剛性が劣り、壁倍率評価が低いのが難点だった。

当該耐力壁では精度の高いKD材を活用し、なおかつ板同士や柱への欠き込み、桧の縦桟などでめり込み性能を高めることで、伝統構法の粘り強さと大壁工法並みの初期剛性を両立させた。

材料の杉板は間柱などの一般流通材を使用するためコスト競争力が高く、けんちくや前長では林業センターの試験データを基に床構面での採用も進めているという。丸太の側材の新たな用途開拓としても期待される。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

以上。

category: お知らせ, 大臣認定取得, 素材

大臣認定を取得いたしました。

ご報告!!!

 

2016年2月11日の日本経済新聞に記事が掲載されました。

日本経済新聞0211

『耐力壁とは、建築物において、地震や風などの水平荷重(横からの力)に抵抗する能力を持つ壁のことを示す。(Wikipediaより)』

 

従来技術では、真壁の家づくりの場合、「スジカイ」を金物で構造材に固定する方法が一般的で、けんちくや前長でも、「スジカイ」を標準的に使用しています。

しかし、近くの山の木(スギ・ヒノキなどの地域材)を使って、新しい大工技術で、

木の特性を活かした「強く、しなやかな」耐力壁が作れないか?

と、3年前から試験、検証を繰り返し、2015年11月30日付で、「国土交通省大臣認定」を取得しました。

↓ 試験場でパネルを組み立てている所

変換 ~ IMG_3726

↓ 実際に力を掛ける様子。MBW「蔵」パネル*壁倍率2.5  ※MBW=Maechou Board Wall

足元を固定して、上部の桁を水平に20㎝引っ張った状態(約3トン程度の力がかかっている)

変換 ~ 板壁2

↓ 試験場でパネルを組み立てている所

変換 ~ IMG_3783

↓ 実際に力を掛ける様子。 MLW「玄」パネル*壁倍率3       ※MLW=Maechou Lattice Wall

変換 ~ 格子壁3

認定を取得したことで、けんちくや前長オリジナルの耐力壁での家づくりが始まります。

興味がある方はどなたでも、お問合せください。

 

category: お知らせ, 大臣認定取得, 素材

新築時と15年後のタイムトラベル見学会

次回、見学会のお知らせ。

3月5日(土)6日(日)

10:00~16:00

現在*那須烏山市滝田(新築物件A様邸)青木邸外観5

↓ クリーニング完了しました。リビングはこんな感じです

見学会A様邸

未来*那須烏山市野上(常設展示場築15年)事務所ストーブ(トリミング)

過去*那須烏山市南大和久(建築中物件T様邸)

この3か所で新築完成時が現在とすれば、未来は「15年後」、過去は「半年前」のそれぞれのタイミングを見ることが出来る企画です。

*移動に掛かる時間は各区間で10~15分程度 地図を用意していますので、まずは現在*那須烏山市滝田(新築物件A様邸)へお越しください。

*11:00頃~14:00くらいまで、那珂川町のPizza&Cafe toto さんが出張ランチ販売に来てくれる事になりました。土曜日はオリジナル弁当、日曜日は窯焼きPizza  を予定しています。見学者の方には半額チケット差し上げます!

もちろん烏山市内でお昼を食べるのも良いですが、手軽に食べられるお弁当スタイルも良いですよね。

こちらもお楽しみに。

category: お知らせ, 見学会

公開日 1月31日(日)のお知らせ

通常は予約制でご覧いただいている展示場ですが、

今回、公開日をもうけました。

時間は 10:00~17:00です。

どなたでも、自由に見学したり、くつろいだりしていただけます。

何か聞きたいことなどがあれば、スタッフへお声かけくださいね。

事務所ストーブ(トリミング)

そして、特別に、秋元珈琲焙煎所の秋元さんが来てくれることになりました。

秋元さんが淹れてくれる珈琲を楽しみながら、ゆっくりとお過ごしください。

薪ストーブを焚いて、音楽をかけて、お待ちしております。

 

さらに、トトの焼き菓子も届く事になりました。

雪の予報で交通が心配ですが、しんしんと雪が降る中、薪がはぜる音を聞くのもいいものです。

 

 

1月25日発行のアドペッパー(那須烏山市中心の情報フリーペーパー)にも今回の公開日について案内が出ています。アドペッパーをお持ちいただくと、良いことあるかも!

 

 

〒321-0634 栃木県那須烏山市野上389-9

(烏山駅から、R294を益子方面へ進み、コメリの交差点から約500m先を右折、ブドウ畑を過ぎて最初の路地を右折。すぐです。)

道に迷ったら、お電話ください。

電話0287-82-3311

category: お知らせ, 見学会

[我が家づくり]大黒柱届きました。

 

豊島です。

我が家の大黒柱が届きました。

通常柱は、3mの4寸(≒120㎜)角で挽いてもらっているので、

このような大黒柱は、特別に製材所さんに頼んで挽いてもらう事になります。

平屋の棟まで届く5mの柱を8寸(≒240㎜)角で挽いてもらいました。

 

大黒柱

届いたところで、大工さんが背割れをいれて、乾燥しやすくしてあります。

こうして1本だけ見ると、太いのか、長いのか、よくわかりませんね。

実際に前長で『大黒柱』というと、尺(≒300)角が多いので、決して太くはないです。

しれっと、我が家を支えてくれるそんな存在感を期待しています。

1月末に予定している、建て方が楽しみです。

category: 現場の様子

年末年始の営業について

今年も残すところ、わずかとなりました。

けんちくや前長は、12月29日から1月4日の間、お正月休みとさせていただきます。

12月28日は、大掃除のため、通常業務はお休みとなります。

 

展示場の見学は、27日までご案内が出来ますが、常駐のスタッフがいる訳ではありませんので、

ご予約は土日祝を除く、2営業日前までにお願いいたします。

 

年末年始

どうぞ健やかにお過ごしください。

事務所(雪)

写真は数年前の雪の日の様子

 

タイヤ履き替えましたか?

category: お知らせ, ごあいさつ

雑誌掲載のお知らせ

 

掲載誌、発売されました。

11月発売の、「SUUMO注文住宅・栃木で建てる」

こちらの、特集ページにて、栃木市T様邸を紹介していただきました。

掲載誌1

掲載誌2

書店、コンビニ等で購入が可能です。

category: お知らせ

バイオマス研修

先日、やまなし木質バイオマス協議会さんが主催のセミナーに前澤が参加してきました。

その後の見学ツアーでは、「生長の家」森の中のオフィス や、

「山梨県地球温暖化防止活動推進センター」(運営・公益財団法人キープ協会)等を回ったそうです。

写真はその一部で、森の中のオフィス

日本で初めての、ゼロ・エネルギー・ビル(ZEB)とのことです。

山梨県産材を9割使用した、木造建築物で、太陽光発電と、木質バイオマス発電を併用した自然エネルギーによる自給自足を目指しているそうです。

外部は、カラマツの無垢材 ・ オスモカラー仕上げ

外観

食堂。夏は窓を開放し、吹き抜けから2階の窓へと風が抜ける、パッシブな考えを取り入れた設計。

食堂

ホール

ホール

廃油をろ過して、チップと共に燃料としているそう。

左から、チップ、ろ過後の廃油、廃油、ペレット

廃油

別の角度から。 木製サッシ

image1

 

image2

こちらは、「地球温暖化防止活動推進センター」さんで見せていただいたという、バイオマスボイラー

ペレットを燃料にして、給湯と暖房に利用している大型のボイラー

バイオマスボイラー

「地球環境、持続可能な社会づくり」という視点から、木質等のバイオマスの活用が発展しているようです。今回見学させていただいた所はいづれも規模は大きいですが、住宅レベルでも、ペレットストーブや、薪ストーブ、薪ボイラーなど。利活用できるものも増えていますね。

今回は、山梨の会でしたが、県内でもバイオマス、盛り上がっていますよね。

以上、ご紹介でした。

category: 日々のこと