KENCHIKUYA MAECHOU
Blog

木を加工できるかどうか

 

ダイニングテーブルをご所望ということで、

天板の一枚板を選びに

作業場まで来て頂きました。

 

いつもですけど、

私の好み(笑)が全面に出ているクセのある板がほとんどで、

一般的には流通してないような

つまりは好き嫌いがハッキリしているものが

ストックされています。

やはり

木を活かす、

木を加工する技術を持っていることが

本来の大工(工務店)の在るべき姿だと思います。

都会の大工さんは厳しいかもしれませんが

田舎大工の我々は地の利をいかして広い作業場を持ち、

近くの山の木を扱い、それを刻む。

 

 

ものづくりの姿勢を大切に。

 

「前長さんらしい」って言われると喜びます。(笑)

 

伝統の、その先へ。

前昌

Next Post

Previous Post

Leave a Reply

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

information
  • 完成見学会開催

    2022年1月9・10日(日・月)
  • 現代民家 素足の家って?

    現代の暮らしにマッチする自然素材を使った循環型の住まいを造っています。

  • 商品紹介

    美しい無垢の県産材と自然素材を組み合わせた企画商品をご紹介します。

  • 常設展示場のご案内

    築21年の常設展示場をご用意。ぜひ時を刻んだ木組みの家をご体感ください。

© 2022 栃木で本物の木の家をつくる工務店|けんちくや前長