KENCHIKUYA MAECHOU
Blog

鳥取へ

  

前長が独自に開発した「蔵パネル」のご縁で、

鳥取の宮大工、株式会社創伸さんに行ってきました。

 

 

ここのところ、世界的な合板不足の影響もあってか、蔵パネルの優位性に関心のある事業者さんからいくつかご相談頂いています。

 

 

前長もそうですが、創伸さんのような

「合板はなるべく使いたくない」

人たちの家づくりに一役買えたら嬉しく思います。

 

 

大山町…。

 

初めて鳥取に行きましたけど、海(日本海)が見えて

 

 

大山(だいせん:中国地方の最高峰)が間近にあって

その雄大な自然の景色というか、環境の素晴らしさに感動しました。

 

 

移築した古民家をウッドファイバーで断熱改修されていて、

 

 

屋根600-300mmの厚み。

改修は内断熱になるので室内の納まりもあって、棟部分が最も厚く軒先に向かって薄くなっている。

 

温熱環境の改善。

 

ここにも

「伝統のその先」を感じました。

 

 

 

いろいろ学びの多い出張でした。

 

飛行機嫌いの私には移動が苦行でしたが(苦笑)

 

創伸さま

こうして遠く離れたお仲間が出来たこと、大変嬉しく思っています。

また、創伸さんスタッフの方々含め大工さん皆さんの手厚いおもてなし、大変感謝いたします。ありがとうございました。

 

蔵パネルの活躍が、貴社の益々のご発展に貢献できますよう願っています!

 

前昌

Next Post

Previous Post

Leave a Reply

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

information
  • 完成見学会開催

    2022年1月9・10日(日・月)
  • 現代民家 素足の家って?

    現代の暮らしにマッチする自然素材を使った循環型の住まいを造っています。

  • 商品紹介

    美しい無垢の県産材と自然素材を組み合わせた企画商品をご紹介します。

  • 常設展示場のご案内

    築21年の常設展示場をご用意。ぜひ時を刻んだ木組みの家をご体感ください。

© 2022 栃木で本物の木の家をつくる工務店|けんちくや前長