KENCHIKUYA MAECHOU
Blog

いよいよ自邸シリーズ (14) パイプ配管の巻

ちょっと前の工事ですが、

小出しにネタ出していきます。(笑)

今回は設備の話。

 

「暖房とか冷房どうするんですか?」

 

いろんな考え方や

もちろん性能、コストも含めて

皆さん悩ましいところですよね。

 

我が家は今後モデルハウス代わりに、

体感してもらえるようにと思っていたので、

ちょっと違ったものにしようかなって。

すごーく迷いましたが、

薪ストーブは入れないことにしました。

5歳の息子に

「サンタさん入って来れないじゃん!どーするのぉぉぉぉぉぉー!!!」

 

って感じにブチキレられましたが。(苦笑)

(入れても薪1、2本しか燃さない、、、かも…なワケです。苦笑 詳しくは会った時に聞いて下さい。)

 

それでもやっぱり輻射型のものがよくて、

土間の温水床暖房と

パネルヒーター(冷暖型)にしました。

 

あ、あと勧めもあって、

高所エアコン一箇所の電源と配管も一応。

夏だけしか使わないんですが、パネルヒーター(冷房)の補助的要素に。

パネル切ってエアコンだけで違いを感じるのもいいかもしれませんけど、

無駄になる可能性もあるので、設置は一夏過ぎてからかな。。。

 

というわけで、、、

基礎土間を蓄熱する為の温水パイピングってワケです。

 

 

秋晴れで暑い日でした。(苦笑)

 

 

いよいよです、諸々。笑

 

 

お楽しみに。

前昌

Next Post

Previous Post

Leave a Reply

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

information
  • 完成見学会開催

    2020年4月11・12日(土・日)
  • 現代民家 素足の家って?

    現代の暮らしにマッチする自然素材を使った循環型の住まいを造っています。

  • 商品紹介

    美しい無垢の県産材と自然素材を組み合わせた企画商品をご紹介します。

  • 常設展示場のご案内

    築19年の常設展示場をご用意。ぜひ時を刻んだ木組みの家をご体感ください。

© 2020 栃木で本物の木の家をつくる工務店|けんちくや前長