KENCHIKUYA MAECHOU
Blog

いよいよ自邸シリーズ (15) 棟が上がる慶びの巻

いよいよ自邸の

いきなり上棟。(笑)

それもちょっと乱暴なので溯って少し。

 

まずは材料運びの様子。

加工した材料を現場搬入します。

あ、搬入前に土台は敷いておくことが多いかな。。。

搬入後、足場も掛かった状態。

建て方。

天気にも恵まれました。

段々と骨格が現れてきます。

1Fの天井。

ダイニングは前長オリジナルのMBW「蔵パネル」を活用して「現し」としました。

いつものように建て方時に施工します。

 

「コレが標準仕様。」

というと驚かれますが、

世間の常識が前長の常識とは限らない訳です。

その反対もあるかもしれませんが…(苦笑)

 

1Fの天井、2F建て方の作業床、水平構面を固める構造要素(火打梁の代わりに)を担っています。

2Fの屋根小屋組。

木組みも圧倒的ですが、断熱材もハンパないです。

ほぼ断熱材で隠れてしまいます。

外断熱材と合わせて、屋根で420mm厚程度。

越屋根部から明かりがもれてますね、重力換気、楽しみです。

 

屋根や、床もパネルとしました。

屋根は寄棟なんで大変でしたけど、、、(苦笑)

 

屋根の外断熱材。

以前のブログで書いた例の木質断熱材です。

 

南東側から。

越屋根がまだ出来てませんが、なんとなく全体的にはこんな感じです。

 

もう少し先になりますが、断熱材とサッシを入れた段階で構造見学会を予定しています。

ブログ、DM等でご案内致します。

宜しくお願いします。

前昌

Next Post

Previous Post

Leave a Reply

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

information
  • 完成見学会開催

    2020年4月11・12日(土・日)
  • 現代民家 素足の家って?

    現代の暮らしにマッチする自然素材を使った循環型の住まいを造っています。

  • 商品紹介

    美しい無垢の県産材と自然素材を組み合わせた企画商品をご紹介します。

  • 常設展示場のご案内

    築20年の常設展示場をご用意。ぜひ時を刻んだ木組みの家をご体感ください。

© 2021 栃木で本物の木の家をつくる工務店|けんちくや前長