KENCHIKUYA MAECHOU
Blog

いよいよ自邸シリーズ (12) 梁丸太の巻

前回のいよいよ自邸シリーズで少し触れた、

 

「リビングの梁組なんかは前長っぽい感じ」

 

に必要な赤松の丸太梁が作業場へ届きました。

 

長さは6m。

 

井桁に組みます。

20代のまだ大工見習だった頃、

会津だったかな?富山かな?チョット場所は忘れましたけど、

建物探訪して見た

築数百年の剣道場のダイナミックな木組みに

ドえらく感動した記憶がずっとあって、

どうしてもそこ(リビング)は梁丸太で組もうと決めていました。

  

非効率かもしれませんけど、

そこに「思い」を込めたくて。

 

 やっぱり大工なんでね、

「らしく」いこうと思います(笑) 

  

前昌

Next Post

Previous Post

Leave a Reply

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

information
  • 完成見学会開催

    2020年4月11・12日(土・日)
  • 現代民家 素足の家って?

    現代の暮らしにマッチする自然素材を使った循環型の住まいを造っています。

  • 商品紹介

    美しい無垢の県産材と自然素材を組み合わせた企画商品をご紹介します。

  • 常設展示場のご案内

    築19年の常設展示場をご用意。ぜひ時を刻んだ木組みの家をご体感ください。

© 2020 栃木で本物の木の家をつくる工務店|けんちくや前長