木の家でくらすBlog

梅雨空のクリーニング

梅雨曇り、

今日は宇都宮の現場のクリーニング。

 

家づくりに関わった職人さん達と最後スタッフで確認作業も兼ねて、

隅々まで綺麗にしてきました。

 

梁を拭いたり、窓を拭いたり、掃除機かけて。

床養生を剥がして…

杉の無垢の床板に自然オイルを浸み込ませて仕上げ完了です。

 

皆さん慣れているので、午前半日で終了。

 

掃除ひとつ見ても、

職人のスピード感や高パフォーマンスには驚かされます…。

 

完了検査後、

いよいよ、お引き渡しとなります。

 

 

前昌

 

 

category: 現場の様子

休日の過ごし方

今回は少しばかり仕事を離れて・・

皆さま毎日忙しい日々を過ごしているかと思いますが、休日はいかがお過ごしですか?

我が家の子供達(3人)はサッカー好きな僕の影響もあり小学校から大学までサッカーを続け、当時は週末といえばサッカー観戦の日々を送っていました・・(笑)

月日は流れ、上2人は社会人、末っ子も大学生になりすっかり親離れをし、サッカー観戦も減り父親としては少しばかり寂しい週末を送っております。

前置きが長くなりましたが僕の好きなことの一つに「街歩き」があります。

サッカー観戦や旅行で訪れた街をぶらぶらするのが大好きです!

街を歩くと歴史を感じる古い建物、新旧を融合した建物、最新の建築技術を駆使した建物など・・街歩き楽しいです。

ちなみに旅行に行っても街歩きばかりして、お土産はほとんど買いません・・(笑)

色々なものを見ること、刺激になりますよね!

by miya

 

 

 

category: 未分類

建て方に向けて

この先一週間、見事なまでの傘マークが続き、まさに梅雨本番の天気ですが皆さまいかがお過ごしですか?

以前にも投稿しました、7月上旬に建て方を予定しております現場の状況を少しばかり・・

建物外部の設備先行配管も終了!

梅雨の晴れ間を選び土台敷きが完了!

この後、材料運搬、先行足場を設置し建て方です!

来週のうちにたくさん雨が降ってもらって、建て方の時は天気に恵まれてほしいと思う今日この頃です。

久しぶりに、てるてる坊主つくろうかなぁ~

by miya

category: 未分類

宇都宮の現場はラストスパート!

宇都宮の現場に家具の取り付けに行ってきました。

来週のクリーニングに向け、いよいよ大詰め、

電気屋さんも支給された器具付けに来てました。

家具棚板取り付け班と合わせると、

総勢6名でぞろぞろと。

さらに、お施主さんもみえて、賑やかな現場となりました。

 

楽しみにして頂いているのが伝わるので、

こちらも嬉しいです。

「あと少し」

細部まできっちり仕上げていきます!

 

 

前昌

category: 現場の様子

10年先の木組みの建て方を考える

先日紹介したサッシ「ユニルクス」の営業さんの紹介で、

「もとのす」

という設計事務所、工務店、建材商社の共同体が開発した規格型住宅の建て方を見学に、

福島市に行ってきました。

前長の助さん角さん、

ミヤさんシノさんも一緒です。

 

ご覧の通り、木組みではありません。

 

現場で出会った建築士の方にも、

「手刻み木組みやってるのにパネル工法見に来たの?」

と言われましたが、思うところあって

とお答えしました。

 

進化には、

新しい切り口で技術革新を引き起こす必要があります。

そのヒントは、

普段の仕事の延長には落ちていないように思います。

誤解されないでほしいのですが、

普段の仕事を愚かにするとは言ってません。

その毎日の積み重ねが、

誰も敵わない圧倒的な力の差になることも承知してのことです。

10年後、大工人口が減ってきた時、建て方に大工が集まらない状況が予想されます。

前長のような「木組み」の建て方のできる大工となると、

かなり厳しいだろうと思うのです。

高齢化していく大工さん達の高所作業は心配です。

課題は解決せねばなりません!

 

とは言え、前長が木の家やめることはないです。(笑)

 

今日はいろいろと考えさせて貰えました。ヒントも沢山頂き、とても勉強になりました。

↑ユニルクスの納まりも見れましたし。

とある建築士の方との出会いもあり、

これからが楽しみです。

秋田行っちゃうぜ!

 

 

前昌

 

category: 現場の様子

いよいよ自邸シリーズ(3)土地の巻

前回の「いよいよ自邸シリーズ(2)土地の巻」からのつづきです。

 

 

そんな、自分が気に入った土地と言うか

納得できる環境と言うか

なかなか出会えないご縁に期待しつつも、時間だけは刻一刻と進んでいきます。

 

結婚して1年後に長男を授かり、

「2人目が授かるまでには建っている予定」と嫁さんに豪語していましたが、

次男の妊娠がわかった時点でまだ土地は見つかっていませんでした。

 

なぜ見つからないのだろうか…。

 

自問自問の連続(笑)

 

そして、

私なりに土地探しの一つの結論に突き当たります。

 

それは、、、

 

 

つづく

 

 

前昌

category: 大工社長の自邸ができるまで

ドイツのサッシがやってきた

自分の家を建てる話しをしていたら

とある営業さんがスゴいサッシを持ってきました。

 

「UNILUX」(ユニルクス)

フロム 独 ってヤツです。(笑)

樹脂製の高性能サッシで、

ドイツが生んだ世界最高クラスのパッシブハウス対応断熱窓。

性能もさることながら

樹脂枠の中に鋼材の骨が入っていて、

かなりしっかりとした印象を受けました。

 

さらに、

重さも価格もヘビー級、ノックアウトされました…。

 

考えられる課題(納まり)はいろいろ思いつくのですが、、、

 

でも使ってみたい。(笑)

 

せっかくだから、

木製アルミクラッドで…

日射取得率62%だっていうから、南側くらいは…。

 

嫁さんに話したら、軽く笑い飛ばされました。(苦笑)

 

理解されなくてもいいんです、

体感したいんです、

「世界基準」を。

 

 

 

 

前昌

 

 

category: 大工社長の自邸ができるまで, 素材

大工の素質

先週末から、ものつくり大のインターンシップで実習生が来ています。

毎朝、自転車で作業場まで通いながら、

これから約2ヶ月間、大工の仕事などを体験してもらいます。

 

とは言え……

いくら建築専攻でも大工仕事に関しては、全くの素人。

今週はまず環境に慣れてもらうことを第一に、

自分で使う砥石の台の製作をさせてみました。

 

昔から大工さんって大体自分で使う道具など自作です。

今は何でも売っているので、買った方が早い!と思うかもしれません。

 

それを否定するつもりも更々ありませんが、

せっかく大工になりたいのだから、

 

「ものつくりが好き」

 

な大工になって欲しいなと。

 

なぜならそれは、

見習いの時に自作したものとは比べ物にならないくらい、

大工の経験を積んでいくに従って

洗練されていくからです。

 

「道具見ればどれくらいの力量かわかる」って聞いたことありませんか?(笑)

 

職人の本質は変わらないのかもしれませんね。。。

 

 

前昌

category: 大工のい・ろ・は

木塀 Re:NEW! (1)

15年程前に建てた素足の家のお客様から

木塀の建て替えのご依頼を頂き、

ミヤさんシノさんと

三人で既存解体と墨出しに行ってきました。

 

既存木塀の

柱の根元と土台が接する場所の一部が腐っていまして、

前面道路が通学路という事もあり、ご主人も心配なさって

「解体だけでも先に」と相談を受けての段取りとなりました。

 

奇しくも今日は

M6を記録した大阪府北部地震からちょうど1年。

 

いろいろ思うことはありますが、

私たち前長の出来ることは

ブロック塀に代わるような

「安心して暮らせる木塀をつくること」ではないかと。

 

それと、メンテナンスしていく重要性を改めて感じました。

 

 

解体完了!

 

次回につづく

 

前昌

category: 大工のい・ろ・は