木の家でくらすBlog

建て方レポートin佐野 1

皆さん、こんにちは。

杉花粉が飛び始めて、花粉症の方には辛い季節ですね。

「いつも杉に触れてその香りを嗅いで、

杉と仲良くしていると花粉症にならないんじゃないか?

だから私(大工)は花粉症にならない!」と

根拠のない自信、前長大工の前昌です。(笑)

 

 

さてさて。

13、14日と佐野で建て方がありました。

 

天気にも恵まれ、建て方日和の二日間。

今回は現場担当のミヤさんが撮影してくれた写真を見ながら、

建て方の二日間をレポートしていこう思います。

 

朝の様子。

建て方の日の1週間前くらいから基礎の上に土台を敷いたり、

柱や梁の構造材を運び入れるといった準備をして、この日を迎えます。

先行足場も設置されて、いよいよ!という感じです。

 

今回の現場は敷地の都合もあって、構造材全て土台の上に載っています。

梱包を解いてから建てるので、段取り(作業の順番)を考えておかねばなりません。

担当した棟梁は30代半ばですが、安定感があり、しっかりとした仕事をしてくれます。

 

番付(図面横にい、ろ、は・・・。縦に一、二、三・・・と碁盤の目のように区切り、

柱、梁の位置を表す)に合わせて柱を建て、梁を渡していきます。

通し柱、梁はクレーンで吊り上げます。

 

まず中心部分に見える「地梁」を組んでいきます。

地梁は柱が比較的連立して建つ、桁方向に通すことが多いです。

 

地梁に大梁をかけたところ。

渡り腮(あご)という伝統的な木組みの技術です。

 

地梁は家の「背骨」のような存在で、出来る限り同じ寸法でつないでいきます。

 

通常は6尺ピッチに整然と大梁を渡していきます。

 

シンプルで無理のない、美しい架構を構成することが、大切なことだと考えています。

 

5人の大工で通し柱にホゾ差す梁を取り付けていますね。

ここは難所なんです(苦笑)、梁をギシギシいわせながら広げて組んでいきます。

 

桁、小梁を組んで、

 

大梁に「繋ぎ」を渡し、3尺×6尺のマスに蔵パネルを落とし込みます。

 

先日紹介した、蔵パネルの施工が完了。

安全性を高めて2階、屋根の建て方へと進みます。

 

 

つづく

 

 

前昌

category: 現場の様子

家を支える大黒柱

皆さん、こんにちは。

暖かい日だなと思ったら急に寒くなったりして、体調崩してませんか?

三寒四温だなんて言いながら季節を感じ、実家の食卓に並んだ「ふき味噌」の苦みを

ようやく美味いと思える歳になった、前長大工の前昌です。

 

 

さて、

第2作業所には5mの大黒柱が入っております。

 

写真だと大きさ伝わらないと思いますが、尺角(約30㎝角)の柱です。

こちらのお宅は平屋建てということもあり、

棟木まで届く(棟木を受ける)大黒柱となりました。

 

 

 

断面に見える黒い線は「背割」です。

木でいうところの背中にわざと割れを入れて、木の中心部分の乾燥を促しています。

またその乾燥による収縮で表面割れの抑制(その分、背割が開きます)の効果があります。

 

前長では、背割を入れるのは棟梁の仕事。

 

四面ある柱のどの面を「木の背中」と見極める力量と、

その決定を実行できる器量が必要です。

 

大黒柱ともなれば、それはまぎれもなく「一家を支える」柱。

 

背割一筋、棟梁の気合が伝わってきますね!

 

 

「手仕事は心に響く」

 

 

前昌

category: 未分類

市貝町にて地鎮祭

皆さん、こんにちは。

2歳半になる息子は「チチ(父)のオシゴトはトントン大工さん」と言います。

 

トントン大工。。。

 

インパクトドライバーやエアー工具、トルクレンチ等の普及もあり、

建築現場から聞こえる音も変わってきましたが、

木組みの家から聞こえてくる、木をたたき、木を組む音はやはり「トントン」。

 

そんなトントン音する木の家をこれからも作り続けよう、

やっぱり大工はトントンだ!、前長大工の前昌です。(笑)

 

さて、

日曜日、市貝町で地鎮祭でした。

里山の暮らし。

自然豊かで、いい環境だなぁ、こういう場所で子育て(子育ち)がしたいなぁ、

と素直に思いました。

 

都会に比べて、不便や大変なことも多いかもしれません。

でも、それもまた良しと思えます。

 

都会都会と近くに便利を追わない、

新しい価値感に気づく人達が段々と出てくる気がしました。

 

 

 

禰宜さんが祝詞にて大神さまに家造りのご報告。

 

 

鍬入れの儀式。

 

「えい!えい!えい!」

かけ声とともに砂山を手前に大きく崩します。

 

工事着工の意味合いもあるので、大きな声でお子さんとご一緒に執り行いました。

 

 

玉串をお供えして、二拝二拍手一拝。

 

 

地鎮祭を済ませると、いよいよ家を建てる!始まる!という感じです。

楽しみですね!

 

 

「ご縁に感謝」

 

 

前昌

 

 

category: 未分類

建方(たてかた)に向けて

皆さん、こんにちは。

ブログの更新が滞ってましたね、「前長さん!どうした?!」ですよね。(笑)

 

今日から3月。

寒くて固まっていたブログも、芽吹きの季節に合わせてポツポツと動き出していきます!

 

さてさて、

 

作業場では、再来週に予定している建方の準備が大詰めを迎えています。

 

現場搬入を待つ構造材。

 

 

前長オリジナル「蔵パネル」の加工も順調です。

1Fの天井材兼、2Fの作業床兼、火打梁(ひうちばり)に代わる構造面材です。

「地域材×大工技術でつくれるノンケミカル面材」がコンセプトなので、

大型の機械製作でなくても精度が出せるように考えてあります。(パネル対角で±1mm程度)

 

メリットとして、建方で高所作業をする大工達の安全性、建物の耐振性が飛躍的に高まりました。

 

木材をさらにたくさん使う(2Fの床30mmを2重60mmに張っているようなイメージ)

ことは大変ですが(苦笑)、技術力の高さ、そこが前長の良さの一つだろうと思うのです。

 

 

 

建方、晴れますように!!!

 

 

前昌

category: 未分類

車で巡るオープンハウス開催決定! 3/18(日)

皆さん、こんにちは。

3軒の素足の家オープンハウスのお知らせです。

お引渡し後の木組の家を見学でき、お施主さんに

「木の家に住んでみてどーーーですかっ?」

と直接聞ける貴重な機会だと思います。

ぜひ、本やネットではなく心豊かに暮らす住まいを感じに来てください。

 

(お住まいのお施主さんのご厚意により開催となります。よって、

予約制

となります。)

 

日時      3月18日(日)   10:00 ~ 16:00

 

・那須烏山市の家   平屋曲屋      自由設計

・宇都宮市の家    2階建て        企画商品「木の香」

・さくら市の家    平屋大屋根        自由設計

 

前日(17日)までのご予約をお願い致します。(お名前、ご住所)

ご予約後、現地案内図をお送りいたします。(メール、郵送、FAXにて)

 

見学時間の指定予約はありません

上記、開催時間内にてご来場ください。

 

予約    けんちくや前長  電話 0287-82-3311 (平日9:00 ~ 15:00)

メールは問い合わせフォームからお願いします。(オープンハウス予約 とご記入ください)

 

那須烏山市の家

宇都宮市の家

さくら市の家

category: お知らせ

suumo 栃木で建てる注文住宅 2018 春号

SUUMOの注文住宅2018春に前長の「素足の家」が掲載されております。

ダイナミックな木組みを魅せる、のびやかな空間が印象的な大屋根のお宅です。

どうぞご覧になってみて下さい。

よろしくお願いします。

category: お知らせ

年末年始休暇のお知らせ

2017年もあと5日。

皆様にとって今年はどんな年でしたか?^^

 

前長の年末年始休暇は 12月29日(金) ~ 1月4日(木) までとなっております。

また28日は大掃除の為、通常営業は27日までとさせて頂いております。

ご迷惑をお掛けしますが、宜しくお願い申し上げます。

 

 

いつも展示場を温めてくれている薪ストーブも丁寧に掃除し、事務所も新しい年を迎える

準備をしたいと思います。

 

皆様にとって良い年末年始となりますように☆

 

category: お知らせ, 未分類

11/26 県内一斉住宅見学会のお知らせ

11月26日、木協連主催の『県内一斉住宅見学会』が開催されます!

そこに㈱けんちくや前長の家も参加予定です。

詳しくは右側をクリック! →→→ 『県内一斉住宅見学会』詳細

 

前長の家だけでなく、様々な工務店の家を見学出来るチャンスです☆

ぜひ、ご来場ください!

 

category: お知らせ, 未分類

那須烏山市、完成見学会の御礼

10月21日・22日の2日間、那須烏山市にて完成見学会を行いました。

台風到来の悪天候の中行われた見学会でしたが・・・沢山の方にお越し頂きました!

足を運んで頂いた皆様、ありがとうございました。

 

平屋の『素足の家』はいかがでしたか?

見学会をしたO様邸写真を一部公開です!

↑ リビングダイニング(18帖)。平屋なので天井空間も広々です。

 

↑ リビングからキッチンを見る。大黒柱の存在感が良いですね。

 

↑ キッチン。グレーのタイルがとても落ち着いた雰囲気です。

 

ご協力頂いたO様、そしてご家族の皆様、ありがとうございました。

今後とも宜しくお願い致します。

 

次回の見学会等のお知らせは、決まったらまたHPにてご報告します!

施工事例も更新したら見てみて下さい♪

category: お知らせ, 見学会