山あげ祭の道具

明日からの26日、27日、28日の三日間、

烏山の夏の風物詩「山あげ祭」が行われます。

野外演劇が特徴のお祭りで、ユネスコ無形文化遺産にも登録されています。

 

今年の当番町は鍛冶町。

 

今回ご縁があって、前長が演劇の舞台や脚立など道具の新調の依頼を頂きました。

プレッシャーもありますが、大変光栄なことだなと思い、精一杯やらせてもらいました。

 

↑上の部材は提灯竿の土台だそうです。

取り付け方法も、お祭りに携わっている若衆さんたちじゃないとわかりません。苦笑

 

↑人車の舵をきる「棍棒がほしい」、と言われ手配したのですが、思ったより太くて太くて。苦笑

なので、

削り出しました!

前昌謹製です!

 

私は三日間とも舞台係の奉仕人として参加しております。

 

この週末はぜひ烏山の山あげ祭へ!

 

 

前昌

category: 日々のこと

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です