KENCHIKUYA MAECHOU
Blog

軒天を見上げて

昨日は「茂木の家」へ。

 

 

床板が張り上がったということで、

大工と造作の打ち合わせに。

 

外は軒天も終わって

まもなく左官工事へ。

美しい和小屋の屋根の納まりは

凛としてて、

雰囲気ありますね。

 

軒天の仕上げで

ずいぶん印象変わるんですよね。

 

赤身の破風板に

白太の軒天。

コントラストもまたいいです。

 

日に焼けて

経年変化すると

同じような色になるでしょうけど。(笑)

 

着物の裏地みたいに

屋根の裏側の「軒天」も

チラチラ見えるくらいが(無理な話ですが…笑)

粋で

カッコいいと思います。

 

 

そして、またそこに拘りを見せるのも。

 

奥ゆかしく、さりげなく。

里山の景色に溶け込むように。

 

 

 

前昌

Next Post

Previous Post

Leave a Reply

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

information
  • 完成見学会開催

    2020年4月11・12日(土・日)
  • 現代民家 素足の家って?

    現代の暮らしにマッチする自然素材を使った循環型の住まいを造っています。

  • 商品紹介

    美しい無垢の県産材と自然素材を組み合わせた企画商品をご紹介します。

  • 常設展示場のご案内

    築19年の常設展示場をご用意。ぜひ時を刻んだ木組みの家をご体感ください。

© 2020 栃木で本物の木の家をつくる工務店|けんちくや前長