木の家でくらすBlog

ドイツのサッシがやってきた

自分の家を建てる話しをしていたら

とある営業さんがスゴいサッシを持ってきました。

 

「UNILUX」(ユニルクス)

フロム 独 ってヤツです。(笑)

樹脂製の高性能サッシで、

ドイツが生んだ世界最高クラスのパッシブハウス対応断熱窓。

性能もさることながら

樹脂枠の中に鋼材の骨が入っていて、

かなりしっかりとした印象を受けました。

 

さらに、

重さも価格もヘビー級、ノックアウトされました…。

 

考えられる課題(納まり)はいろいろ思いつくのですが、、、

 

でも使ってみたい。(笑)

 

せっかくだから、

木製アルミクラッドで…

日射取得率62%だっていうから、南側くらいは…。

 

嫁さんに話したら、軽く笑い飛ばされました。(苦笑)

 

理解されなくてもいいんです、

体感したいんです、

「世界基準」を。

 

 

 

 

前昌

 

 

category: 大工社長の自邸ができるまで, 素材

大工の素質

先週末から、ものつくり大のインターンシップで実習生が来ています。

毎朝、自転車で作業場まで通いながら、

これから約2ヶ月間、大工の仕事などを体験してもらいます。

 

とは言え……

いくら建築専攻でも大工仕事に関しては、全くの素人。

今週はまず環境に慣れてもらうことを第一に、

自分で使う砥石の台の製作をさせてみました。

 

昔から大工さんって大体自分で使う道具など自作です。

今は何でも売っているので、買った方が早い!と思うかもしれません。

 

それを否定するつもりも更々ありませんが、

せっかく大工になりたいのだから、

 

「ものつくりが好き」

 

な大工になって欲しいなと。

 

なぜならそれは、

見習いの時に自作したものとは比べ物にならないくらい、

大工の経験を積んでいくに従って

洗練されていくからです。

 

「道具見ればどれくらいの力量かわかる」って聞いたことありませんか?(笑)

 

職人の本質は変わらないのかもしれませんね。。。

 

 

前昌

category: 大工のい・ろ・は

木塀 Re:NEW! (1)

15年程前に建てた素足の家のお客様から

木塀の建て替えのご依頼を頂き、

ミヤさんシノさんと

三人で既存解体と墨出しに行ってきました。

 

既存木塀の

柱の根元と土台が接する場所の一部が腐っていまして、

前面道路が通学路という事もあり、ご主人も心配なさって

「解体だけでも先に」と相談を受けての段取りとなりました。

 

奇しくも今日は

M6を記録した大阪府北部地震からちょうど1年。

 

いろいろ思うことはありますが、

私たち前長の出来ることは

ブロック塀に代わるような

「安心して暮らせる木塀をつくること」ではないかと。

 

それと、メンテナンスしていく重要性を改めて感じました。

 

 

解体完了!

 

次回につづく

 

前昌

category: 大工のい・ろ・は

素朴工房へ

梅雨の晴れ間の日曜日、

喜連川丘陵の里 杉インテリア木工館で毎年開催される

木工fairに行ってきました。

こちらの館長の薄井さんとは訓練校の時の同級生で、

時々お邪魔していい刺激をもらっています。

 

「日本の山の木を何とかしたい」

 

訓練校時代、そう話していたのを思い出しました。

何とかしたくても、行動を起こせる人は少ないはずです。

それを継続して続けることは、もっと難しい。

 

Fair 7周年だそうで、沢山の人で賑わっていました。

 

杉、ヒノキを使った家具が、多数展示販売されていました。

一般向けの木工教室も盛況で、

ものづくりの楽しさが伝わってくる感じでした。

今回は規格の製作のようでしたが、

生徒になると本格木工も教えてくれるようです。

皆さんの作品のクオリティーに驚きました。

 

私にも出来るワークショップはないかと探索していたら、

「藍の光る泥だんご作り」なるものを発見。

息子(長男)と一緒に。

↑ やはり飽きちゃって(笑)

 

ホントは、もっと光る仕上がりになるようです。(苦笑)

 

楽しい一日でした。

 

前昌

 

 

category: 日々のこと

接ぎ板と丸棒

宇都宮の現場の家具製作のお手伝いをしています。

表題「接ぎ板」(ハギイタ)と言って、

読んで字のごとく

複数の板を接着した幅広の板を指します。

 

今回も箱物などを製作するために、

先ずは巾400㎜仕上がりの板接ぎをしているという訳です。

 

上の写真、よ~く見て下さい、

狂いを抑えるため、2枚を4枚に割っています。

 

言われないと気がつかない「職人の秘密」です。(笑)

知財は別として、

知られたり公開して困るような仕事なら、

それは大した技術じゃないわけです。

 

ちょっとやそっとでは真似できない技術と

経験に裏付けされた知恵を持つこと。

 

それが、前長が目指す所のはずです。

 

丸棒も作ってみました。

断面が円か楕円か気になるところです。(笑)

宇都宮の現場のどこかに付いています。

 

 

明日からインターン生が来ます!

 

前昌

category: 大工のい・ろ・は

基礎工事間もなく完了

梅雨本番になってしまいましたね。

先月から始まっている新築のお客様の基礎工事、天気にも恵まれ間もなく完了いたします・・笑顔・・

1か月後には建て方です!今年も暑い夏がやってくるのでしょうか?

暑さに負けず、素敵な家が完成するように頑張るぞ!

by  miya

category: 未分類

地鎮祭

今日は雨脚も強く朝から梅雨本番の天気ですね・・泣・・

昨日の日曜日、建て替えのお客様の地鎮祭を執り行いました。

今にも泣きだしそうな空模様でしたが、地鎮祭が始まり・・

地鎮の儀(じちんのぎ)

玉串奉奠(たまぐしほうてん)

途中で雨が降り出してしまいましたが、どうにか無事地鎮祭を執り行うことができました・・笑顔・・

祭事終了後、神主さんからお話がありました。私たち建築に携わる者からすると、雨は嫌なものですが、「雨降って地固まる」と昔から言うように、「地鎮祭に関して、雨はけっして悪いものではないですよ。」そう、物事は捉え方次第、ポジティブ思考、大切ですよね!

by miya

 

category: 未分類

ご契約

梅雨入りですね。

雨の日の多いこの季節は、工事の段取りも組みづらくてやりにくい…。

とは言え、自然相手にボヤくなんてプロじゃありません。

ウェザーニュースを要チェック、晴れ間を狙って、予定を組んでいきます。

 

さて、

 

先週末に

令和になって初のご契約をさせて頂きました。

おめでたい席ですので、

素足の家「令和第一号」のお話をしたらとても喜んで頂き、お伝えして良かったなと思いました。

 

「社長、記念品は?」と担当者にツッコミ入れられたのには驚きましたが(笑)

 

sさん、何か記念品考えておきますね。

 

今後とも宜しくお願いします。

category: 未分類

式台を削ります

仕上げ工事もそろそろ大詰めと聞き、

宇都宮の現場の式台を削りました。

式台?

って聞いてもピンと来ない方も多いと思います。

玄関の上がり口に

一段低く取り付ける踏み板とでもいいましょうか、

上がり降りしやすくする為の板です。

 

幅は400mm程度。

耳(木の皮)付きで仕上げます、

柔らかい自然な雰囲気になるので。

 

実用性と存在感と

 

何でもバランスですね。

 

一生勉強!

 

前昌

category: 大工のい・ろ・は